忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

淡水鱸。

自分の主戦場である河川での接近戦。

最も好きなスタイルで鱸に挑める為、好き好んで出向いていた。

が、あと一歩という所で連戦連敗。

そうこうしてる内に季節は進み、経験上、だんだんと主戦場からは鱸が居なくなると予想。

あまりストイックになるのも嫌なんで、敢えていつもはあまり行かない戦場へ。

例年通りならそろそろ河口が賑わう季節。

でもそこは避けたい。わざわざ人の多い所で人の間を縫って狭い思いしたくない。

気水域を見切り、完全海水鱸を狙う。

選んだのは海水浴場から磯に変化していくスポット。

実績もあり期待。

夜が開けるまではサーフでルアーを斜方投射。

それらしいアタリが一回あったが、おそらく首振りでフックアウト。

東の空が白々としてきたので磯場へ上がる。

おもむろにルアーをそれらしい所へ数投するも、反応はない。

目を凝らし地形と観察すると、水中に点在する根。

そのなかでも岬状の張り出している所の先端を通すようにその奥へルアーを着水させた。

そしてその岬の鼻先を通りかかったその時、生命反応が。



フクラギだ。まだそれにも満たないか。

これはこれで嬉しい。家族へのお土産確保。

いつもリリースばかりで本当に釣りに行ってるのか言う疑惑を晴らす為にも良い証拠となる。

一通りの用を済まし、再開。

だいぶ時間を喰われたのでジアイはもう終わったかな...

と思いながらもさっきと全く同じ所へ同じルアーを着水させ、さっきの状況を再現。

糸ふけを取り、

ルアーが水を噛んだのを確認し、

根の岬に差し掛かったところでルアーを踊らす。

突然の衝撃!!!

さっきのとはまるで別物。

なかなか寄って来ない。

足下には根が至る所に。

走らせて根に潜られる事だけはさせまいとロッドを立てる。

ZENAQ DEFI REDGE がフルベンド。

ISUZU CHARGER Ⅲ E がジリジリと耐える。

信頼できる道具達を信じ、右手でロッドを立て、左手でリールを巻く。

そして粘り勝つ!



なんと平政!!!!

まさかここに...完全に想定外。

それでもなんとか獲れたのは完全に道具のおかげ。

益々 ZENAQ そして ISUZUREEL が好きになったな。

それにしても平政カッコ良かったなぁ〜

ちょっと山女に、というかサクラマスに似てた気がするな。

あ、鱸の外道やった。






PR
IMG_2506.jpg

最近メンテナンスはCore's製品にお世話になってます。

で、今回はベアリング交換。

IMG_2865.jpg

スプールシャフト軸のベアリング2個交換。

IMG_5868.jpg

装着完了。

ベアリング交換したらウズウズしてつい...

IMG_8715.jpg

ウグイ。

今日はなぜかフローティングに高反応。

が、バラシまくり...


IMG_8097.jpg

山女の捕食の上手さに感謝!!

ナイロン8lbで3g台の軽めのフローティングミノーでもとりあえずノントラブル。

ISUZUの精度とCore'sのオイル、グリス、ベアリング。

今のところBEST!!!

もうちょっと秋になったらまた行こ。








たしか6月だったかな...


IMG_7888.jpg
IMG_8136.jpg

m’zさんに教えてもらった岩魚の素揚げ、、、もう最高!!!

やっぱり岩魚は旨い。

この方は釣りはもちろんやけどアウトドア全般に恐ろしい精通してて本当勉強させてもらってます。。。

さすが源流師!!



こっからは最近

IMG_2814.jpg
IMG_4135.jpg

夏の朝、東の空が明るくなってからの2時間勝負!

カサゴ、クロソイ、キジハタ、タケノコメバル...etc

良く観察すると根魚もいろんなヤツがいて、同じ種類でもちょっと違ったりとなかなか興味深い。

岩魚の様に固有種みたいなのも居るんかな...

とか考えながら美味しくいただきました!!

そして、

新たなシーフードを求めて


IMG_4159.jpg
IMG_8329.jpg

ISUZU CHARGERⅢ 

TRADITIONAL DESIGN & PRIDE WITH MADE IN JAPAN

久しぶりのスピニング。

この無骨な感じがベイトリールと同じくなんかしっくりきますね!!

IMG_9702.jpg

準備万端!!!

いくぜ!!!!












超不定期に突然の記事更新(笑)

2013年の渓流解禁を迎えて早1ヶ月。のそのそと渓に向かう。

IMG_6823.jpg

経験上釣れないだろうと思いつつ、こんな小さな淵に何か期待してしまう...

IMG_6295.jpg

そんな期待もキャストの度に薄れていき、水の冷たさと多さに時期尚早感が漂う。

IMG_6978.jpg

ふと足下に目線を落とせばフキノトウ。春を感じる。。

IMG_0224.jpg

気付けばランディングネットは魚すくえない程いっぱいになっているではないか(笑)

こうなったら魚なんかより山菜、山菜、、、

IMG_9754.jpg

あれ、、、やっぱ無欲って大事。

IMG_5235.jpg

午後からの数時間だけの貴重な時間だったけど、良い時間でした。

年々釣りに使える時間が減っていき、今年もそんなに多くは渓流行けないと思う。

そんな限られた時間でも、最高の道具と、自分のスタイルで釣りに挑めば

やっぱり最高の時間を過ごせると実感。

最近、「渓流ベイト」という検索ワードによくひっかかるらしく、

多分そういう自分と似てるスタイルで釣りしてる人に観てもらってるのかなと思うと少し嬉しい。

渓流でベイトタックルを使うという行為。

「かっこいいから...」とか「ベイトタックルじゃないと獲れない魚が...」とか「キャスト精度が...」とか「手返しが...」とか「効率が,,,」とか「パワーが...」とか「感度が...」とか...

うわべだけのうさん臭い言葉を良く観たりするけど、そんなウンチク、後付け、どうでもいい!!

自分が満足出来るかどうか。ただそれだけ。

失敗の繰り返しを乗り越えて、デメリットも受け入れて、今の自分のスタイルがあると確信している為、

本末転倒な言葉に惑わされない様に一言書かせてもらいました。

参考までに。






鱸釣り全盛期にも関わらず水辺には最近ご無沙汰。

ブログも放置。。。

あまりの音沙汰の無さに釣り仲間から心配の声がちらほら...

そんな事とは露知らず、ノホホンとしてました。




そんな中シロさんからの依頼。

まずフロントフォーク塗装。

IMG_8014.jpg

ブラックに2:1のクリアー仕上げ

IMG_4575.jpg























次にタンク。

IMG_6249.jpg



























塗装前はこんな色。



IMG_5582.jpg




























下処理の工程(写真撮り忘れた)後、シルバーメタリックに2:1クリアー仕上げ。



IMG_4045.jpg























IMG_0300.jpg































磨き後、部品取り付けて完成!!

最近になってシルバーのカッコ良さがわかってきた。

昔は渋すぎて地味に思ってたけど、最近になって見方がガラっと変わった。

このタンクも自分的にもかなり満足の出来!

ありがとうございました!!!



ちなみに納品するときたまたまTNGとシロさんが同時にやってきた。

必然的に釣りやバイクの話しで散々盛り上がり...

寒い夕方に外で1時間半の井戸端会議。。。

久しぶりに釣り行きたくなってきたー!!

IMG_0654.JPG































振り切れるか???







次のページ >>
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
search
old
(04/10)
(04/14)
(04/19)
(04/21)
(04/23)
mail
comment
[05/07 whdzmpftjk]
[05/07 opvdrwywha]
[01/10 becvwxttnl]
[12/17 tjqkrixnqz]
[12/09 まつ]
trackback
profile
HN:
jp
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/07/23
barcode
忍者ブログ [PR]