忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回多くは語りません。

写真から色んな事読み取って想像を楽しんで下さい。

それでは。。。(笑)

IMG_6060.jpgP5031611.jpg
PR
今回メインでMegabass  Pagani R100 にPE1号ビミニでダブルライン作ってスナップ直結。(松屋の兄ぃ直伝)

サブでISUZU  BC421SSS PESCATORA にナイロン8lbスナップ直結。

で今回は松屋の兄ぃオススメCore'sのオイル2種類、グリス3種類を駆使してこれまた松屋の兄ぃ直伝の方法でO/H済みという念の入れよう。(全て松屋兄ぃの言葉受け売り...)

ちなみにサイドプレート、ハンドル、ドラグナットはそれぞれ交換して組み付け。(ややこしい、そしてどうでもいい)

いざType-westと入渓。

IMG_8557.jpg

大雪の影響を実感。

IMG_5855.jpg

順調にいつも通りサクサクと釣っていくType-west

一方、トラブル多発の当方。。。

1. PE直結はやはりフックに絡みやすい。
2. PE自体浮力が強く、ナイロンに比べてミノー潜らせるのに若干遅れる。
3. PEの伸びの無さがミノー引っぱり過ぎる気がする。(これは慣れれば気ならないかも?)
4. O/Hしたせいで予想以上にスプール回るためバックラッシュ!

以上の理由から先発のMegabass PaganiR100降板。

変わってサブのPESCATORA登場。

IMG_4597.jpg

やっぱりナイロンに慣れているせいかとても扱いやすい。

ミノーの動きも自然で、ちょんちょんしても適度な遊びがあり、なんかしっくりくる。

IMG_0541.jpgIMG_0932.jpg

サブリール持って来て良かった!

で、Typewestさんは?

IMG_1107.jpg

え〜イワナぽんぽん釣ってましたワ!!

途中、渓流ジギングなる新釣法を考案。創始者となる!!(笑)

IMG_6510.jpg

こんなフザケタ事しながらもちゃーんと釣るのがこの人。

なんだかんだまた楽しかったイワナ釣り。

今回はトラブルに終止泣かされながらも収穫も多かった。

特に今回初めて使ったミノー。

IMG_6876.jpg

渓流ミノーに関しては「何投げても釣れる」と思っていた。

高級ハンドメイドミノーなんて必要ないね!なんて思っていた。

しかし、「1回使ってみ」というこれまた松屋兄ぃの言葉。

試しに買ったこのミノー。

今まで使ったどのルアーよりも扱いやすい。

ダウンに入ってからも、水量の多いこの時期の早い流れにも負けない安定感。

飛距離もでるし、ぶつけても壊れる気配なし。

何よりも数々のハンドメイドミノーを使ってきたType-westが絶賛!!

しばらく手放さなかった程。

実際教えたくないくらい....

ま、でかいイワナばらしまくったけど!く、くそー!!(それは腕のせい...)

でもそれも含めて楽しい思い出。

IMG_8190.jpg






























インターネット通販でクリックすれば送料無料で1~2日で商品送られ、買い物終了。

なんて便利な時代。

それをわざわざ¥150/ℓ の高価なガソリン燃やして片道300kmの長野まで買い物へ行くバカが1人。

d03b3deb.jpg

そんなバカを快く受け入れてくれる松屋の兄。

正直、写真を撮る時間も惜しいくらいの濃い時間、濃い話。

まさに百聞は一見にしかず。

295d35a7.jpeg

メールや電話では伝わらないリアルな渓流ベイトの本質。

日本の渓流釣りのルーツ。

雑誌やメディアでは絶対に学べない裏側で日本の釣りを築き上げた人たちの話。

8f38599c.jpg

昼に到着してから飯も喰わずに4時間....一瞬だった。。。

まだまだ話聞きたかったけど、また絶対に来ようと心に誓い長野を跡にした。

せっかく長野まで行って何も喰わず、どこも寄らず、釣りもせず、帰る。

でもちっとも後悔は無い。

むしろここまでしても有り余る程に得た物が大き過ぎる。

なぜ渓流でベイトタックルなのか?

なぜ鱸にベイトタックルを使うのか?

なぜISUZUREELなのか?

その核心に触れた感じがした。

カッコイイから。面白いから。だけでは無い何か。

自分でも明確に説明できなかった何か。

それを教えてもらった。

e5a64549.jpeg

本当ならお店を閉めていてもおかしくない状況にも関わらず、自分なんかのために長い時間付き合ってもらって本当にありがとうございました。
type-westのナオと渓流行く約束したのがかれこれ数年前...

お互い仕事の都合や、子供や家族の都合、相次ぐ天候の悪さが重なって延期に次ぐ延期を何回繰り返したことか...

本当はTNGも行く予定やったけど、3人の予定を合わせるのはもう奇跡が起きないと無理。

という経緯でようやく2人で入渓。

IMG_7720.jpgIMG_9718.jpgIMG_5356.jpgIMG_8901.jpgIMG_4888.jpgIMG_3375.jpg

インターネットも携帯電話の電波も繋がらない隔離されたエリアは時間の流れが下界とは違う早さで流れている錯覚に陥る。

山に居る時間はあっという間でも下界に戻ると5,6時間が過ぎている。。。

良い時間でした!

しかしtypewestさん上手いな。
今までなかなか良いのが見当たらずどっか妥協していた渓流での装備。

渓流用ベストとか素直に使えばいいんやけど、なんかどれもグッとくるモノが無い。

そこで愛用していたのがMAGFORCE。

今シーズンはずーと前から気になっていたモノを導入。

P3181601.jpg

頭ん中では完璧。ちょっと重いけど...

<< 前のページ 次のページ >>
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
search
old
(04/10)
(04/14)
(04/19)
(04/21)
(04/23)
mail
comment
[05/07 whdzmpftjk]
[05/07 opvdrwywha]
[01/10 becvwxttnl]
[12/17 tjqkrixnqz]
[12/09 まつ]
trackback
profile
HN:
jp
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/07/23
barcode
忍者ブログ [PR]